再進学を目指す皆様へ

challenge challenge

社会人入試制度

出願資格

  • 高等学校卒業者(平成30年4月1日現在で19歳以上の方)
  • 本校を専願とする者

出願書類

  • 願書
  • 受験票
  • 高等学校調査書
    ※高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者は調査書に代えて合格証明書と合格成績証明書を提出してください。
    高等学校卒業後5年以上経過している人で「高等学校調査書」の提出が困難な場合は、「高等学校卒業証明書」および「成績証明書」に代えることができます。
    「成績証明書」も発行できない場合は、保存期間が過ぎている旨の文書を発行してもらってください。証明書は発行3ヶ月以内のものに限ります。
  • 受験票送付用封筒
  • 選考料の振替払込受付証明書または、オープンキャンパス・学校説明会等参加証明書

※詳しくは当校募集要項をご覧ください。

選考方法

  • 書類審査
  • 面接

特典

学費免除

オープンキャンパス・学校説明会

オープン免除

※保護者のみ参加の場合は、免除はありません。

オープンキャンパス

時間・開催日

[毎月開催]
10:30~15:00 (受付時間 10:00~)

※昼食は本校で用意(無料)
※完全予約制(開催日の4日前まで)、バス送迎あり(7/1・22・29、8/5・27のみ)

オープンキャンパス情報はこちら

学校説明会

時間・開催日

[土・日・祝]
10:00~12:00(午前の部)
13:00~15:00(午後の部)
[平 日]
18:00~20:00

※完全予約制(開催日の2日前まで)、バス送迎なし
4/29~5/7、8/11~15、12/29~1/3は除く

学校説明会情報はこちら

キャリデザで新しい道で頑張っている学生

卒業生01 卒業生01

少しでも進学をしたい気持ちがあるならぜひ挑戦してほしいと思います。

システム開発工学科(現・ITスペシャリスト科)3年│田島 祐紀 さん
[入学時20歳 伊集院高校出身]

高校卒業後は、大学進学を目指して浪人をしていたものの、やはりその先の就職のことを考えると資格が取得できる専門学校に行きたいと思い、1年間アルバイトをして学費を貯め、高校時代の同級生もいたキャリデザに進学することに決めました。入学前は、年の差のあるクラスメイトに溶け込めるか不安もありましたが、今では仲の良い友達もでき、楽しい学校生活を送っています。また、高校は普通系だったので、それまでパソコンに触れることも少なく、授業について行けるか心配でしたが、先生方のサポートのおかげでしっかりと

学ぶことが出来ています。まだまだタイピングは遅いですが、その分勉強しなければと思い、放課後にカフェで自習をしたりしています。残りの学校生活では、難易度の高い資格取得に向けてもっと勉強したいです。また、今年は就職も控えているので、早めに動いて内定をいただき、社会に出てから困らないようビジネスマナーなども身に付けておきたいと思っています。再進学を検討している方々は、少しでも進学をしたい気持ちがあるならぜひ挑戦してほしいと思います。キャリデザは、就職も手厚くサポートしてくれますよ。

卒業生02 卒業生02

自分が好きなことなので、もっと色々知りたいし、日々吸収していると実感しています。

TV映像音響科2年│林 由莉亜 さん
[入学時20歳 川内高校出身]

高校の時は専門学校に行くことは考えていなくて、そのまま県内の短大に進学しましたが、自分が本当にやりたいことは映像の分野だと思い、両親の理解も得て、短大卒業後にキャリデザに再進学しました。
入学前は、年齢差があるために皆に受け入れてもらえるか不安でしたが、すぐに打ち解けました。実は、入学当初は年齢を言っていなくて、「みんなより2つ年上なんだ。」と打ち明けたところ、「え?」と言われたほどです(笑)今ではみんなと同じ目線で、日々楽しく過ごしています。

勉強はすごく楽しいです。自分が好きなことなので、もっと色々知りたいし、日々吸収していると実感しています。今後の目標は、在学中に映像の技術をもっと上げて、年上として周りの皆を引っ張って行けるくらいになりたいと思っています。また、就職は県外に出て、大きな仕事に関わりたいと思っています。再進学は決して珍しいものではなく、様々な経験を積むことで、それが自分自身の強みになると思っています。私は、今が一番楽しいです。是非、新たな一歩を踏み出してください。

卒業生03 卒業生03

元々好きだったグラフィックの分野で自分の力を生かしたいと思い、キャリデザに進学しました。

グラフィック科2年│田島 斎稀 さん [入学時20歳 情報高校出身]
グラフィック科2年│田島 斎稀 さん
[入学時20歳 情報高校出身]

高校卒業後は、先生や両親の勧めで県内の医療系の専門学校に進学しましたが、1年間勉強してみて自分には向いていないと感じ、思い切って別な事をしようと思い辞めました。その後、1年間アルバイトをして学費を貯め、元々好きだったグラフィックの分野で自分の力を生かしたいと思い、キャリデザに進学しました。
入学前の不安はあまりなく、仲の良い友達もでき、学校生活は良好です。勉強については、今まで知らなかったことを知れることがとても楽しいです。学ん

でいる分野の特性上、作品の出来次第で大きく評価が変わるので、もっと実力を付けたいと思いますし、他の人に負けない技術を何か一つは身に付けたいと思っています。
再進学を考えている方々は、今までのこともあるし、年齢差のことなど、不安に思う気持ちもあるかもしれませんが、あまり気にすることではないと思います。私は、オープンキャンパスに参加するなどして、不安や疑問を解消しました。皆さんも新しい気持ちでぜひ挑戦してください。

新しい道に再チャレンジした卒業生

卒業生04 卒業生04

[エステティシャン]
一度きりの人生なので、夢を夢のままで終わらせることの無いよう、一歩を踏み出してみてください。

株式会社 ソシエ・ワールド│高吉 くるみ さん
ビューティ科 トータルビューティコース卒 [入学時23歳]

私は高校3年生の進路選択の際、自分に自信がなかったことから希望と違う進路を選択しました。接客の仕事に就職いたしましたが、一度抱いた「エステティシャン」への夢を諦めることができず、鹿児島キャリアデザイン専門学校へ入学いたしました。人見知りをしないので、年齢の違うクラスメイトともすぐに打ち解け合い、学校内外でも共にお互いを高め合うことができました。厳しさと優しさのある先生方から確かな技術や理論を学び、就職活動もしっかりと

サポートしていただき、早いうちに希望する企業様から内定をいただくことができました。エステティックの授業だけではなく、多くの美容に関する知識を学び、資格試験も合格することができましたので、今後「エステティシャン」として自信を持ってお客様に接客することができると考えております。一度きりの人生なので、夢を夢のままで終わらせることの無いよう、一歩を踏み出してみてください。

卒業生05 卒業生05

[保育士]
子どもたちの良いところをどんどん伸ばしてあげられる保育者になりたいです。

社会福祉法人しらゆき福祉会 幼保連携型認定こども園 しらゆきこども園│吉山 昭平 さん
こども学科卒 [入学時21歳]

高校卒業後は一度、鹿児島県内の企業に就職して3年勤務しました。ただ、将来のことを考えると資格が必要だと思い、また、子どもが好きだったこともあり、もう一度別の道で頑張りたいと思うようになりました。そして、3年間でじっくり学べるキャリデザの「こども学科」に入学しました。
入学時は21歳だったので、年下のクラスメイトと馴染めるか不安に思うこともありましたが、しっかりと目標を持った学生も多く、自分もしっかりしなければと

思いました。そうする事で自然に馴染むことができました。みんなよりも年齢は上でしたが、本当に楽しく学ぶことが出来ました。現在は園児の前で披露するギターの練習も頑張っています。今後も子どもたちの良いところをどんどん伸ばしてあげられる保育者になりたいです。

卒業生06 卒業生06

[診療情報管理士]
仲間と学ぶ楽しさを感じながら充実した学校生活を送ることが出来ました。

公益社団法人 出水郡医師会 広域医療センター│東 拓也 さん
医療情報管理システム学科卒 (現・医療情報管理学科) [入学時23歳]

地元に就職し働いていた私は、自分のしたいことに迷いがあり、将来の自分に対し不安を持っていました。そこで地域貢献のため、医療の職に就きたいと思い高校時代に取得した資格を活かすことができるキャリデザに入学する事を決めました。在学中は資格試験合格を目標に多くの専門知識を学びました。医学などの専門知識はどれも新鮮で楽しく学ぶことができました。私は周りと年齢の差も大きく不安もありましたが、丁寧に指導して下さる先生方や、

同じ夢を持つ仲間と学ぶ楽しさを感じながら充実した学校生活を送ることが出来ました。学校で得た知識を充分に活かし、日々の業務に取り組んでいます。今でも勉強の毎日ですが、とてもやりがいがあり充実しております。今後も自分の知識・技術を高めつつ、素晴らしい医療を提供できる診療情報管理士を目指し日々精進したいと思います。