再進学を目指す皆様へ

challenge

社会人入試制度

出願資格

  • 高等学校卒業者(平成29年4月1日現在で19歳以上の方)
  • 本校を専願とする者

出願書類

  • 願書
  • 受験票
  • 高等学校調査書
    ※高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者は調査書に代えて合格証明書と合格成績証明書を提出してください。
    高等学校卒業後5年以上経過している人で「高等学校調査書」の提出が困難な場合は、「高等学校卒業証明書」および「成績証明書」に代えることができます。
    「成績証明書」も発行できない場合は、保存期間が過ぎている旨の文書を発行してもらってください。証明書は発行3ヶ月以内のものに限ります。
  • 受験票送付用封筒
  • 選考料の振替払込受付証明書または、オープンキャンパス・学校説明会等参加証明書

※詳しくは当校募集要項をご覧ください。

選考方法

  • 書類審査
  • 面接

特典

学費免除

オープンキャンパス・学校説明会・保護者相談会

オープン免除

※保護者のみ参加の場合は、免除はありません。

オープンキャンパス

時間・開催日

[毎月開催]
10:30~15:00 (受付時間 10:00~)

※昼食は本校で用意(無料)
※完全予約制(開催日の4日前まで)、バス送迎あり(7/23・30、8/6・28のみ)

オープンキャンパス情報はこちら

学校説明会・保護者相談会

時間・開催日

[土・日・祝]
10:00~12:00(午前の部)
13:00~15:00(午後の部)
[平 日]
18:00~20:00

※完全予約制(開催日の2日前まで)、バス送迎なし
4/29~5/8、8/13~15、12/29~1/3は除く

学校説明会・保護者相談会情報はこちら

新しい道に再チャレンジした卒業生

卒業生01

[カスタマーエンジニア]
自分の可能性を信じて頑張ってください。

日本システム株式会社│鶴田 裕也 さん
ITビジネス科卒 (現・ITスペシャリスト科) [入学時20歳]

高校卒業後、鹿児島市内の別の学校で学んでいましたが、1年で退学してしましいました。その後、契約社員として企業で働いていましたが、鹿児島キャリアデザイン専門学校で学んでいた友人や職場の方々の勧めもあり、再度資格を取得するために本校へ入学いたしました。本校は、先生方も親切で、年下の同級生とも学校行事等を通してすぐに仲良くなれました。

学費は、奨学金制度やアルバイトをしながらで工面しておりました。今後はカスタマエンジニア(CE)として社会に貢献していきたいと思っています。現在、自分の将来や学校、仕事に迷っている人は、本校のオープンキャンパスや学校説明会を通して他の専門学校と違うことを知ってもらいたいと思います。入学して損はないです。自分の可能性を信じて頑張ってください。

卒業生02

[エステティシャン]
一度きりの人生なので、夢を夢のままで終わらせることの無いよう、一歩を踏み出してみてください。

株式会社 ソシエ・ワールド│高吉 くるみ さん
ビューティ科 トータルビューティコース卒 [入学時23歳]

私は高校3年生の進路選択の際、自分に自信がなかったことから希望と違う進路を選択しました。接客の仕事に就職いたしましたが、一度抱いた「エステティシャン」への夢を諦めることができず、鹿児島キャリアデザイン専門学校へ入学いたしました。人見知りをしないので、年齢の違うクラスメイトともすぐに打ち解け合い、学校内外でも共にお互いを高め合うことができました。厳しさと優しさのある先生方から確かな技術や理論を学び、就職活動もしっかりとサポートしていただき、早いうちに希望する企業様から内定をいただくことができました。

エステティックの授業だけではなく、多くの美容に関する知識を学び、資格試験も合格することができましたので、今後「エステティシャン」として自信を持ってお客様に接客することができると考えております。一度きりの人生なので、夢を夢のままで終わらせることの無いよう、一歩を踏み出してみてください。

卒業生03

[イラストレーター]
どんなことも自分次第でいろいろな道を切り開いていけると思います。

有限会社 スタジオ・イースター│坂下 祐太 さん
グラフィック科 2Dコース専攻卒 [入学時23歳]

私は一度、社会人として働いていましたが、絵を職業として働いていく夢をどうしても諦めきれず、鹿児島キャリアデザイン専門学校に入学しました。学校では毎日いろいろなことを吸収し、どのようにしたら自分の力になるか模索しながらスキルを蓄え、結果としてアニメーション等の背景を描く会社に内定しました。どんなことも自分次第でいろいろな道を切り開いていけると思います。皆さんも諦めずにチャレンジしてみてください。

卒業生に聞いてみました!

卒業生04

[保育士]
子どもたちの良いところをどんどん伸ばしてあげられる保育者になりたいです。

社会福祉法人しらゆき福祉会 しらゆき保育園│吉山 昭平 さん
こども学科卒 [入学時21歳]

Q.キャリデザに入学する前は何をしていましたか?
A.高校時代はサッカーに明け暮れていました。高校卒業後は一度、鹿児島県内の企業に就職して3年勤務しました。ただ、将来のことを考えると資格が必要だと思い、また、子どもが好きだったこともあり、もう一度別の道で頑張りたいと思うようになりました。そして、3年間でじっくり学べる鹿児島キャリアデザイン専門学校の「こども学科」を選んで入学しました。

Q.実際に入学して、学校生活はどうでしたか?
A.入学時は21歳だったので、年下のクラスメイトと馴染めるか不安に思うこともありましたが、入ってみるとそうでもなく、しっかりと目標を持った学生も多く、自分もしっかりしなければと思いました。そうする事で自然に馴染むことができました。みんなよりも年齢は上でしたが、本当に楽しく学ぶことが出来ました。

Q.学費はどうしていましたか?
A.親に負担してもらっていました。(笑)就職してからは、親孝行に努めています。

Q.今後はどのような保育者になりたいですか?
A.小学校2年生からずっとサッカーをしているので、運動が好きです。また、歌を歌うことも好きで、今は園児たちの前で披露するギターの練習も頑張っています。自分の得意な部分を活かしながら、子どもたちの良いところをどんどん伸ばしてあげられる保育者になりたいです。

卒業生05

[診療情報管理士]
仲間と学ぶ楽しさを感じながら充実した学校生活を送ることが出来ました。

公益社団法人 出水郡医師会 広域医療センター│東 拓也 さん
医療情報管理システム学科卒 (現・医療情報管理学科) [入学時23歳]

Q.キャリデザに入学する前は何をしていましたか?
A.高校を卒業し、社会人として地元に就職し働いていた私は、働きながらも自分のしたいことに迷いがあり、将来の自分に対し不安を持っていました。そこで地元で地域貢献のため、医療の職に就きたいと思い高校時代に取得した資格を活かすことができる鹿児島キャリアデザイン専門学校に入学する事を決めました。

Q.実際に入学して、学校生活はどうでしたか?
A.在学中は資格試験合格を目標に3年間かけて多くの専門知識を学びました。勉強に努力を要しましたが、医学などの専門知識はどれも新鮮で楽しく学ぶことができました。私は周りと年齢の差も大きく不安もありましたが、丁寧に指導して下さる先生方や、同じ夢を持つ仲間と学ぶ楽しさを感じながら充実した学校生活を送ることが出来ました。

Q.学費はどうしていましたか?
A.主に、学生生活を大きく後押ししてくれる奨学金制度を利用し学費サポートを受けておりました。入学と同時にアルバイトも始め、両親からは金銭面の支援を受けずに、奨学金とバイトを併用し、授業料・通学費を賄っていました。アルバイトとの両立の中で勉学が疎かにならないようにするには正直厳しい面もありましたが、周りの皆さんに全力でサポートしていただきました。

Q.今後の夢を教えてください
A.現在は、出水郡医師会広域医療センターに就職し、医師事務作業補助者として働いております。主な業務として、外来補助業務、診断書・サマリー作成を行っております。学校で得た知識を充分に活かし、日々の業務に取り組んでいます。医療機関に勤めるにあたり難しいことが多く、勉強の毎日ですが、とてもやりがいがあり毎日が充実しております。今後も自分の知識・技術を高めつつ、素晴らしい医療を提供できる診療情報管理士を目指し日々精進したいと思います。