3年制|80名|男・女

医療情報管理学科

3年間で、専門性も難易度も高い「診療情報管理士」の資格取得を目指します。
鹿児島県では本校だけが認定校となっています。

▲医療事務系学科 紹介動画

学びのポイント

POINT1

病院がもっとも求めている資格「診療情報管理士」

「診療情報管理士」は、四病院団体協議会認定の資格で、全国の病院が求めている資格です。

本校は県内で唯一の認定校です!
診療情報管理士
POINT2

診療情報管理士は「病院の経営」までサポートできる有望な仕事です!

業務内容は多岐にわたり、電子カルテの作成、書類作成など多忙なドクター業務の代行、病院経営の指針となるデータ収集・統計作成など幅広いのが特徴です。

必要献血者数延べ人数
POINT3

医療関連コンピュータのソフト開発に不可欠な人材を育成!

他学科連携によりIT系の実習も多いため、電子カルテの開発を行うIT関連企業などの就職に有利な「医療情報技師」の資格も取得できます。

学生の様子

就職実績

就職実績
就職先一覧はこちら

取得可能な資格

診療情報管理士 ドクターズクラーク 医療情報技師 基本情報技術者 IT パスポート試験 情報活用試験(J 検) 診療報酬請求事務能力認定試験(医科) メディカルクラーク 医事コンピュータ技能検定

カリキュラム

一般科目

キャリアデザイン 一般教養 ビジネスマナー ワープロ/表計算/プレゼンテーション

専門科目

〈診療情報管理〉
医療概論 人体構造・機能論 臨床医学1・2・3 医学用語 医療管理総論・各論 医療情報学・統計学 診療情報管理論 分類法総論・演習 病院実習
〈医事管理〉
病院管理学 診療報酬請求事務(医療事務) 医療衛生法規
〈医療コンピュータ〉
医事コンピュータ実習 電子カルテ実習
〈医療情報技術〉
ハードウエア概論 ソフトウエア概論 アルゴリズム概論 プログラム言語 医療情報システム 医療情報データベース 情報演習 卒業研究

職種紹介・職業紹介動画

医療情報管理学科の特徴

診療情報管理士認定試験の合格実績

資格取得率は全国平均のおよそ2倍の80%を維持しています。診療情報管理士は、医学の基礎を学ぶ必要があります。そのため、「外科学」・「解剖学」・「内科学」・「産科学」などを鹿児島大学医学部名誉教授をはじめ専門のドクターの講義を受講して学習します。

合格実績
学術大会の様子

診療情報管理士の学術大会で実践学習をします!
過去最多4演題発表!

平成27年9月、第41回「日本診療情報管理学会学術大会」に参加しました。岡山市岡山コンベンションセンターで「診療情報は、いのちの記録」という学会テーマのもと、全国から2,000人を超える医療従事者が集まり、盛大な学術大会が行われました。
その中の学生セッションの部で、医療情報管理学科の学生が4演題発表を行いました。貴重な実践学習の経験ができ、診療情報管理士の先輩方から多くのことを学びました。

IT関連学科講師による指導

電子カルテのソフト開発をする
IT関連企業にも就職できます!

本校のIT関連学科の講師が徹底した個人指導で対応し、充実した教育環境で学ぶので、高度な情報系の資格取得にもチャレンジできます。
就職先は多様で、大学病院や本県を代表する大規模な総合病院、電子カルテなどのソフト開発をするIT関連企業など、大卒同等かそれ以上の優良企業に就職できます。
この学科の学生は関東、関西などの大都市にも積極的に就職していくのが特徴です。

在校生VOICE

在校生VOICE

共通の目標に向かって学び合える環境です!

クラスメイトや先輩方と一緒に、サークル活動や学生会活動など、充実した学校生活を送っています。一緒にキャンパスライフを楽しみながら、目標に向かって、頑張ってみませんか。

卒業生VOICE

吉満 公人

[医事課長]
医療従事者として社会に貢献できる診療情報管理士を目指して

私は、平成 17年に南薩枕崎で救急医療を担う小原病院に入職しました。当院は地域の患者様に寄り添う医療を心掛けています。病気で悩む患者様に心で接する事により、気持ちよく治療に専念してもらえるよう毎日努力しています。医療現場は様々な職種(有資格者)がありますが、その中で私が「診療情報管理士」として活躍できているのも学生時代の学びと、今でも繋がる仲間と先生がいるからです。事務職としてではなく医療従事者として学校で学ぶべきことは沢山あります。社会人としての一歩をここから踏み出し、みなさん私と一緒に頑張りましょう。

医療法人厚生会小原病院│吉満 公人さん
平成17年卒 鹿児島情報高校 出身