学校法人原田学園鹿児島医療技術専門学校

資料請求



めざす資格

理学療法士/国家試験

福祉住環境コーディネーター2級*

*在学中受験

想定される進路

■ 総合病院 ■ 病院 ■クリニック
■ 介護老人保健施設 ■ 大学院進学 など



理学療法士 国家試験合格率
卒業後の進路
求人倍率

人としての要である「動き」の鍵を握り、
運動機能に関する あらゆる領域を網羅

理学療法は、病気や高齢、障害などで運動機能が低下した人に対し、立つ・座る・歩くなどの運動機能の維持や改善を目的に、さまざまな物理的手段を用いて行う治療です。理学療法の知識や技術の習得はもちろん、障害がある方々の気持ちを理解し、寄り添う心を育めるよう、人間性や社会性を高める環境づくりにも力をいれています。

本校ならではの強み

研究発表
地域スポーツへの取り組み

学科の魅力

学会発表を経験して視野が広がりました。

私たちの研究グループは、痛みと記憶の関連性についてNIRSを用いて研究を行い、その成果を発表しました。学会発表は非常に緊張しましたが、自分の視野が広がる経験になり、学生時代にこのような経験をさせてくださった先生方に感謝します。今回の経験を活かし、理学療法の発展に少しでも貢献できるよう研究を継続していきたいと思います。

理学療法学科 4年
東 伸一郎 Shinichirou Higashi
理学療法学科 4年
川辺高等学校出身

学生の未来に繋がる教育をめざします。

本校を卒業した学生が理学療法士として働くなかで、日々の業務に探究心を持ち、公の場で発表している姿を想像すると楽しくなります。教育は効果を発揮するまでに時間がかかりますが、学生の未来に繋がる教育をしたいと思っています。

理学療法学科教員
川元 大輔 Daisuke Kawamoto
理学療法士 専任教員
修士(医科学)
KAGOSHIMA UNITED FCフィジカルトレーナー

演習体験レポート

演習体験レポート
理学療法技術論Ⅱ

人の身体を専門的に触れることを知りました。

この授業では、身体部位の触診や関節の可動域を検査する技術を学んでいます。実際に、学生同士で身体の骨や筋に触れることから始まり、それらの名称や部位、機能などを学習していきます。人体の名称や機能を覚えることが多いですが、小テストなどを通し、重要なポイントが分かりやすく、実習さながらの授業で楽しいです。

山口 裕也 Yuuya Yamaguchi
理学療法学科 1年
加治木工業高等学校出身

主な講義内容

物理療法学

物理療法学

物理療法学では電気や温熱、寒冷、牽引など物理的な力を利用し対象者の治療を行います。使用方法や使用上の注意なども学びます。


運動療法学

運動療法学

身体の運動を科学的に治療する手段です。身体運動の機能回復を目的に、運動療法として治療に応用する基礎を学びます。


3次元動作解析

3次元動作解析

臨床運動学の講義では、3次元動作解析装置で人の関節運動を動的な情報として分析し、歩行分析や動作分析を行います。卒業研究にも使用できます。


介護予防トレーニング

介護予防トレーニング

高齢者の転倒や寝たきりを防ぐためには、生活習慣病の予防だけでなく、運動器機能の向上・維持が必要になってきます。介護予防技術論では使用方法や体験をします。


バイオデックスシステム

バイオデックスシステム(多用途筋機能評価運動装置)

理学療法評価学、治療学の授業で使用します。ダイナミックな筋力評価としてリハビリテーション、スポーツ科学、健康科学など幅広い領域で活用されています。


水治療法

水治療法(物理療法学実習)

水には、浮力、静水圧、粘性抵抗と言った物理的な力があります。物理療法学ではこの力が身体にどのような影響を与えるのか学びます。


卒業生の今

現場で働く卒業生の一日と、学校生活や現在の仕事について聞きました。

理学療法卒業生
八反丸リハビリテーション病院 勤務
2014 年卒業
米満 義朗 Yoshirou Yonemitsu
鹿児島南高等学校出身

退院を迎えられた患者様の笑顔が仕事の励みになります。

 私は、理学療法士の専門性を活かして、患者様の退院後の社会復帰をサポートできるように、日々の努力を心掛けています。ときには悩むこともありますが、最大限、患者様に寄り添い、先輩方や同期の仲間たちと力を合わせて頑張っています。仕事の励みは、退院を迎えられた患者様の笑顔です。今後も、素晴らしい理学療法士をめざして、日々精進していきたいです。

米満さんの1日

在校生インタビュー