理学療法学科[昼間部]

理学療法学科
4年制80名
身体に障害のある人に寄り添いながら、
運動機能の維持と回復につとめます。
理学療法とは、病気や高齢、障害などで運動機能が低下した人に対し、立つ・座る・歩くなどの運動機能の維持や改善を目的に、さまざまな物理的手段を用いて行う治療のことです。理学療法に必要な知識や技術の習得はもちろんのこと、障害がある方々の気持ちを理解し、寄り添う心を育めるよう、人間性や社会性を高める環境づくりにも力をいれています。
point1
最新機器を使ってレベルの高い医療技術を学びます。

 機能訓練室の筋機能解析装置、臨床実習室のレーザー治療器、運動解析実習室の3次元動作解析装置はじめ最新機器を使って学べます。
point2
基礎から学べるカリキュラムと優秀な教授陣による的確な指導。

 県内の大学の教授・准教授、保健所長、民間病院長などが熱意をもって、基礎から専門分野まで親身になった指導を行います。
point3
全員国家試験合格を目指し、全力で応援します。

 教員と学生が一丸となって国家試験合格100%をめざしています。在学生はもちろん、残念ながら合格できなかった卒業生もフォローし、国家試験合格まで応援します。

想定される進路
  • 総合病院
  • 病院
  • クリニック
  • 介護老人保健施設
  • 大学院進学など
めざす資格
  • 理学療法士
  • 国家試験
高度専門士
の称号が得られる


生徒と先生方の雰囲気がよく設備も整っています。

私は、高校時代から人と関わる仕事に就きたいと考えており、学校のパンフレットを見て、本校の理学療法学科 を知りました。
体験入学に参加した際、生徒と先生方の雰囲気がとても良く、学校設備も整っていたため入学を 決めました。
今、入学してから2年が過ぎようとしています。座学だけでなく実技の授業も増え、理学療法士 という職業を意識しながら興味を持って日々学んでいます。テニス部にも所属しており、昨年度は九州大会に 出場しました。
部活動では、先輩や友達との中を深めることで社会性や協調性といった面でも良い経験が できています。
現在は勉強に部活動にと充実した学生生活を送っていますが、ここからが折り返し地点です。
2年後に控えた国家試験に合格できるよう、しっかり頑張っていきたいと思います。
永田 直樹
Naoki Nagata
理学療法学科 2年
武岡高等学校出身