学校法人原田学園鹿児島医療技術専門学校

資料請求



めざす資格

作業療法士/国家試験

福祉住環境コーディネーター2級*

*在学中受験

想定される進路

■ 総合病院 ■ 病院 ■クリニック
■ 介護老人保健施設 ■ 大学院進学 など



作業療法士 国家試験合格率
卒業後の進路
求人倍率

医技専ならではの取り組み

他学年合同の参加体験型授業の充実
地域に根ざしたボランティア活動
フォトフレームづくり

フォトフレームづくり

書き初め

書き初め

片手でできる組みひも体験
業界のトップランナーを招いた先端教育
最先端機器業界のトップランナーを招いた先端教育での実験実習
開校から20年を迎えた老舗養成校
開校から20年を迎えた老舗養成校

授業紹介

リハビリテーション関連機器

リハビリテーション関連機器

手足が動かなくとも、息でテレビやベッドの操作ができ、声が出なくとも意思疎通ができる装置の設定や提案を行います。


作業療法評価法演習(心理検査)

作業療法評価法演習(心理検査)

こころの悩み、病を知るために、人のこころの働きや仕組みを知り、作業療法士としての援助について学びます。


高次脳機能障害

高次脳機能障害

脳の損傷による高次脳機能障害は、外見ではあまり分かりませんが、日常の生活がしづらくなる病気です。実際に脳の画像を見ながら障害を予測します。


基礎作業学Ⅰ

基礎作業学Ⅰ

作業が持つ特性や治療的活用について学びます。また、「できるようになりたい・してみたい」生活行為をさまざまな手段や道具を利用して支援します。


日常生活活動実習

日常生活活動実習

手足が不自由な方には杖や車いすなどの移動手段が欠かせません。目的、環境、使用者や介護者に合わせ、思いを叶えるための生活支援を行っています。


作業療法セミナー(発達)

作業療法セミナー(発達)

運動や知的に発達の障害がある子どもに対して、将来的に地域の中で自立した生活を送るために必要な学びを得られる環境づくりの支援を学びます。


演習体験レポート

演習体験レポート
基礎作業学Ⅲ

 患者さんが抱える問題を解決するプロセスを学ぶ

 何気ない日常生活の営みの中で患者さんのどこにどのような問題があるかを見つけ、解決するために作業療法士が患者さんにとってより良い状態に近づくよう、より良い治療計画をひねり出すプロセスに驚きました。

﨑島 翔平 Shohei Sakishima
作業療法学科 1年
鹿児島高等学校出身

メッセージ

理想に近づく学びで毎日充実しています

 私は「日常生活の作業がリハビリになる」というところに魅力を感じ、作業療法士を目指しています。友人たちと骨模型で骨や筋肉について勉強したり、疑問は先生方に尋ねたりしながら、自分が目指す理想の作業療法士に近づくように毎日充実した日々を送っています。

作業療法学科 3年
新屋敷 亜美 Ami Shinyashiki
作業療法学科 1年
川辺高等学校出身

懸命に頑張っている人を支える=それが作業療法士です

障害と向きあって必死に生きる方を、生き生きとした人生に導く尊い仕事です。人に優しく、人のために努力できるあなたをお待ちしております。たくましい先輩達と一緒に学びませんか?

作業療法士
植村 健一 Kenichi Uemura
副学科長 作業療法士
修士(保健学)

活躍する卒業生

現場で働く卒業生の一日と、学校生活や現在の仕事について聞きました。

作業療法学科卒業生
やまびこ医療福祉センター 勤務
2014 年卒業
野間 佳菜美 Kanami Noma
加治木高等学校出身

先輩方にサポートをいただきながら充実した日々を送っています。

 私の勤務する病院には発達障害の方々が入院されています。作業療法では“遊び”を中心とした作業活動を通し、患者様がより良い生活を送れるよう心身機能面のサポートを行います。仕事はもちろん、疑問や悩みは、先輩方にサポートをいただき、充実した毎日を送っています。これからも初心を忘れず、患者様のために何ができるか試行錯誤しながら日々頑張っていきたいと思います。

作業療法学科卒業生

患者様一人ひとりに合わせた治療方針に基づき、作業療法を実施します。

作業療法学科卒業生

患者様について他職種で情報共有し合うことで、治療方針を決定していきます。

作業療法学科卒業生

週1 回の勉強会では、患者様の治療に活かせるよう知識の習得に努めています。