介護福祉科の特徴

めざす資格

介護福祉士/国家試験

レクリエーション・インストラクター

介護福祉士 国家試験合格率

想定される進路

介護老人福祉施設 / 介護老人保健施設 / 病院 / 障害者(児)関係施設 / 民間福祉サービス / 在宅サービス / 大学編入 など

卒業後の進路
求人倍率

学びのポイント

Point1. レクリエーションボランティア

学生主体の活動で、実践力を鍛える!
レクリエーション・インストラクター資格取得のため、さまざまなレクリエーションに参加します。スタッフの経験を積み、レクリエーション指導者としてのスキルアップを図ります。その他、夏季休暇などを利用して自主的に行う福祉施設でのボランティアは、介護の学びを深める大切な機会。現場で勤務している卒業生との交流もあり、仕事の意義を感じることができます。

学生の声

笑顔にふれ、やりがいを実感
利用者さんのことを思いながら、皆でレクリエーションの準備をしました。当日たくさんの笑顔にふれ、介護福祉士になりたいと強く思いました。

ボランティアの流れ

レクリエーションボランティア

①レクチャー
経験豊富な講師からレクリエーションの基礎を講義と演習を通して学びます。

レクリエーションボランティア

②計画・準備
学生が主体的にレクリエーション・ボランティアの計画を立てます。

レクリエーションボランティア

③実践
学生自ら施設へ連絡を取り、実際にボランティアを行います。

Point2. 介護研究発表会

自分の学びを共有し深める
2年次に行う「介護研究発表会」。みんなの前で発表し、議論することでより深い学びにつながります。1年生も聴講し、これからの学習・実習に活かしています。

介護研究発表会

学生の声

先輩たちの研究発表を聞いて刺激を受けた
もっと勉強を頑張って先輩たちみたいになりたいです。

Point3. 介護福祉学特講

個別サポートで総復習
1・2年生後期、理解を深める総復習を目的にし「介護福祉学特講」を実施しています。また、ポートフォリオを活用した個別指導で国家試験合格と介護実践力の獲得へ導きます。

介護福祉学特講

ポートフォリオとは?
これまでの学習内容をファイリングしたもの。技術の習得など、自分の成長過程を可視化し、目標設定に役立てます。

カリキュラム

入浴介護実習

入浴

介護施設にある機械浴槽と在宅を想定した浴室で実習。安心感・満足感を与えられる入浴介護技術を身に付けます。

食事介護実習

食事

介護を受ける側、介護する側の両方の立場で実習を行います。生活レベルに合った食事介護技術を身に付けます。

高齢者体験実習

高齢者体験

高齢者疑似体験セットを装着し、階段の昇降などを体験。老化や障害による身体的・心理的な状況を実感できます。

医療的ケア実習

医療的ケア

喀痰吸引・経管栄養など、介護福祉士が行う医療的行為を精巧なシミュレータを用いて実践的に学びます。

X線撮影技術学(マンモグラフィ)

レクリエーション補助技術

心身の状況に応じた活動や時間の過ごし方を見出すレクリエーションを、創意工夫しながら作成します。

メッセージ

介護福祉学生
川畑 誠也
介護福祉科 1年
喜界高校出身

同じ夢に向かって頑張る仲間

入学してから、勉強面も生活面もとても充実していると感じています。テスト勉強や実習などで分からないことや不安に思っていることは、クラスメイトと共有し、協力して乗り切っています。介護のボランティア活動もクラスで積極的に参加します。同じ介護福祉士という夢に向かって、ともに頑張る仲間の存在はとても心強いです。
目標は、信頼される介護福祉士になること。介護される方の視点に立ち、安心して任せてもらえるように、日々の学習と実践に励みます。

介護福祉教員
徳田 春光
介護福祉科 科長 介護福祉士

高齢者や障がい者の生活に密着し生活をクリエイトする

介護福祉士は高齢者や障がい者の生活に密着し、生活をクリエイト(創造)する仕事です。利用者がその人らしい生活を送れるよう、尊厳ある介護の実践や、個別性を尊重し自立に向けた支援ができる介護福祉士を育成します。「誰かのために役立つことを」と思った方なら、きっと介護の仕事を楽しくできると思います。

活躍する卒業生

現場で働く卒業生の一日と、学校生活や現在の仕事について聞きました。

介護福祉卒業生

特別養護老人ホーム川辺みどり園 勤務

2018年 介護福祉科卒業
森川 隆一 Ryuichi Morikawa
薩南工業高等学校出身

24時間生活をサポート
心あたたまる言葉が喜び

私の働く特別養護老人ホームは、寝たきりや認知症で在宅での暮らしが難しい人の『生活の場』です。24時間・365日、常に専門職による介護が提供されます。交代制の勤務なので、利用者様の状態について職員同士の連携がとても大切です。
入職当時は、仕事を覚えることに精一杯でしたが、先輩方のサポートもあり、充実した日々を送っています。身の回りの介助やレクリエーションを通し、利用者様からいただく温かい言葉は、何よりの喜びです。これからも、利用者様一人ひとりと向き合い、その人らしい毎日を送れるような、心理面・身体面のサポートを目指したいです。

介護福祉卒業生 利用者様の心身の状況に合わせて、さまざまなレクリエーションを計画し、サポートしていきます。
介護福祉卒業生 次の勤務者に、利用者様の状態などを伝えていきます。また、対応に困ったことは先輩に相談し助言をいただきます。