学校法人原田学園鹿児島医療技術専門学校

資料請求



めざす資格

診療放射線技師/国家試験

ITパスポート*
第1種・第2種放射線取扱主任者*
ガンマ線透過写真撮影作業主任者
医療情報技師*
X線作業主任者
基本情報処理技術者*

*在学中受験可能

想定される進路

■ 医療機関
(大学病院、国公立病院、私立病院)
■ 健診センター
■ 医療機器メーカー
■ 大学院進学 など



診療放射線技師 国家試験合格率
卒業後の進路
求人倍率

医技専ならではの取り組み

卒業研究・学会発表
現場の方々との意見交換は貴重な体験です
最先端機器での実験実習
最先端機器での実験実習
難関資格取得への取り組み

放射線障害防止の監督業務が可能になる「第1種・2種放射線取扱主任者」や、「医療情報技師」などの資格を在学中に取得可能。
第1種放射線取扱主任者は合格率21.4%(H28)と特に難関資格ですが、コツコツ勉強し、見事合格する学生もいます。

合格者続々増加中
合格者続々増加中
合格者続々増加中

授業紹介

X線CT機器学(マルチスライスCT)

X線CT機器学(マルチスライスCT)

3次元の立体画像を作ることができ、高速での連続撮影が可能な断層撮影装置を実際に使用して実習します。


診療画像検査学Ⅰ(MRI)

診療画像検査学Ⅰ(MRI)

磁気共鳴装置と呼ばれる装置で、磁石を利用した安全な検査装置です。
全身のあらゆる角度の画像が得られます。


X線撮影技術学(X線検査)

X線撮影技術学(X線検査)

特殊な人体模型を使用し、実習を通して装置の構成から画像形成理論、撮影法について学びます。


診療画像検査学Ⅱ(超音波検査)

診療画像検査学Ⅱ(超音波検査)

エコーと呼ばれ、腹部・産婦人科領域などの検査に利用されている装置です。


X線撮影技術学(マンモグラフィ)

X線撮影技術学(マンモグラフィ)

乳房を上下から圧迫し、腫瘍の有無や大きさ・形・石灰化などを調べます。最近では女性技師の対応が多くなりました。


X線撮影技術学(FPD)

X線撮影技術学(FPD)

最新機器であるFPD(Flat Panel Detector)と呼ばれる、X線検査の画像を撮影から数秒以内に表示処理する撮影装置を導入しました。


演習体験レポート

演習体験レポート
臨床実習Ⅰ・Ⅱ

 診療放射線技師への第一歩

 臨床実習では、授業で学んだ事を臨床の現場で見ることができました。特に脳梗塞の症例では現場の緊張感を肌で感じることができ、とてもいい経験になりました。また、先生方の熱心のおかげで今年第一種放射線取扱主任者試験に合格することができました。

長野 翔太 Shota Nagano
診療放射線技術学科 4年
加世田高等学校出身

メッセージ

県内唯一の養成校で基礎から学んでいます

診療放射線技師をめざしたのは母の乳がん検診がきっかけです。高校では物理を選択しておらず不安でしたが、県内で唯一の4年課程の養成校である医技専を選び、基礎から学んでいます。個性豊かな先生方や同じ目標を持つ友人たちと学校生活を楽しんでいます。

診療放射線技術学科 1年
松野下 珠未 Tamami Matsunoshita
診療放射線技術学科 2年
加世田高等学校出身

医療の高度化に対応する豊かな知識をもった人材へ

本学科は放射線検査などに携わる診療放射線技師を育成しています。医療の高度化で専門性が高まり、放射線取扱主任者等の難関国家試験の受験や大学院進学の支援もしています。豊かな知識・技術と人間性で今後の医療人の教育に努めています。

診療放射線教員
有薗 良一 Ryoichi Arizono
学科長 診療放射線技師
超音波検査士 修士(医科学)

活躍する卒業生

現場で働く卒業生の一日と、学校生活や現在の仕事について聞きました。

診療放射線卒業生
公益財団法人 慈愛会
今村総合病院 勤務
2017年卒業
水流 彩友美 Sayumi Tsuru
開陽高等学校出身

診断価値の高い画像提供を心がけています。

 診療放射線技師はX線撮影やCT、MRIなどのさまざまな撮影装置を取り扱い、画像を撮影することで医師の診断のサポートを行っています。診断には正確な画像が必要になり、患者様によってどの様に撮影すれば良いのかを考えながら撮影をしています。狙った通りの撮影ができた時はとても達成感があります。奥が深く、やりがいのある仕事だと感じています。今後も経験を積み、新しい技術を身に付けていきたいです。

介護福祉卒業生

受付を行い患者様の案内、検査の振り分けを行います。

介護福祉卒業生

スポーツ整形外科系の骨撮影や内科系の胸腹部の撮影を行います。

介護福祉卒業生

カルテを確認し、検査に必要な患者様の情報を把握します。