理学療法学科

理学療法学科 Blog

理学療法学科の特徴

めざす資格

理学療法士/国家試験
福祉住環境コーディネーター2級*

*在学中取得可能

理学療法士 国家試験合格率

理学療法士の活躍の場

■ 病院・クリニック
■ 介護老人保健施設
■ スポーツトレーナー
■ 介護予防・健康増進 など

求人倍率
卒業後の進路

学びのポイント

Point1. 他学科と連携した研究活動

全国的な学会で発表するチャンスも

研究のできる技術者を育成するために、本学科では卒業研究に取り組んでいます。また、毎年、日本整形外科スポーツ医学会、日本運動器理学療法学術大会など、学生でありながら、専門家の集まる学術的な場で発表しています。

他学科と連携した研究活動

無線表面筋電計DELSYS®

卒業研究発表会

4年生がグループに分かれて行う研究活動。その集大成として発表会を行っています。テーマは運動、スポーツ、教育、人の基礎解剖などさまざま。1~3年生も発表を聞くことができます。

他学科と連携した研究活動

研究機器

三次元動作解析装置をはじめ、体成分分析装置や超音波診断機器などの身体機能評価機器、物理療法で使用する治療機器など、多数導入しています。

他学科と連携した研究活動
他学科と連携した研究活動

三次元動作解析装置

Point2. 他学年で行う協働学習活動

他学年で行う協働学習活動

縦割りチームで学びを深める

基礎医学共通科目の模擬試験を受験後、国家試験受験勉強を見据えた対策学習を縦割りチームで学びます。3年生は次年度を見据えた国家試験対策の演習として、1・2年生はグループ学習の勉強法を学ぶ目的で取り組みます。また、実技系の縦割りチーム協働学習も定期的に実施しています。

Point3. 地域スポーツサポート

ボランティアとして現場で活躍

学生は、さまざまな団体が開示しているボランティアに自主的に参加します。なかでも、理学療法の観点を活かせる「鹿児島県障害者スポーツ大会」の大会運営ボランティア(これまでに7回の実績)や、バリフリキッズフェスティバルへの参加実績があります。その他にもスポーツトレーナーや指導員として社会で活動している教員も在籍しており、学生・教員、一丸となって地域スポーツに貢献できるよう取り組んでいます。

地域スポーツサポート

鹿児島県障害者
スポーツ大会ボランティア

4年間のステップ

1年次

1年次

理学療法の基礎を学ぶ

基礎医学分野に加え、コミュニケーション論、基本動作論などの“人として”“理学療法として”の基盤を養う学習が中心です。1週間の見学実習があります。

2年次

2年次

臨床での検査測定と評価

疾病と障害の成り立ちや回復過程の促進、理学療法評価学を中心に学習します。2週間の検査・測定実習があります。

3年次

3年次

疾患や障害に対する治療を学習

3週間の臨床評価実習で、医療の現場から理学療法評価学、治療学など専門分野を学びます。

4年次

4年次

臨床長期実習と国家試験

16週間(8週×2回)の臨床長期実習で対象者に対して評価を行い、治療計画を立案して実際に遂行します。実習後は国家試験に向けて万全の対策を講じます。

カリキュラム

基本的理学療法治療学Ⅱ

基本的理学療法治療学Ⅱ実技を通して、理学療法治療を学ぶ

関節可動域制限の原因を評価し、原因に応じた治療法の修得や目的に応じた筋力トレーニングを計画できるよう運動療法の基礎を座学と実技を通して学びます。

生活援助技術Ⅲ

超音波画像診断装置を用いて、筋膜の動きを評価しながら治療に役立てます。

理学療法概論Ⅲ

理学療法概論Ⅲ理学療法に必要な思考法を学ぶ

目前の事象を捉えて整理し、論理的に考えて答えを導き出す方法を反復練習します。講義は対話と授業中課題を中心に構成され、実践に必要な思考方法を養います。

日常生活活動Ⅱ

日常生活活動Ⅱ実技を通して、生活に必要な身体動作を学ぶ

さまざまな疾患の日常生活活動について、基本動作(寝返り、起き上がり、立ち上がり)などを中心に、対象者の病態を踏まえながら実践できる技能を養う講義です。

理学療法士と作業療法士の違いとは?

理学療法士 作業療法士
リハビリの目的 基本動作の回復、健康維持・予防
身体機能にはたらきかける
応用動作の回復、社会適応のための回復
身体面と精神面にはたらきかける
内容 立ち上がる、起き上がる、歩く、寝返るなど
基本となる体の動作
食事をする、顔を洗う、字を書くなど
生活に必要な作業動作
特色 高齢者の健康づくり体操など、
身体機能の維持や向上の取り組みを行う
スポーツトレーナー、
障害者スポーツ支援の分野で活躍
認知症に対するリハビリテーションで
中心的な役割を担う
子どもの知的機能や情緒面の
発達障害に関するケアを行う

リハビリテーションに携わる理学療法士と作業療法士。似ているようで、担当する分野や役割は異なります。
それぞれの特徴をピックアップして紹介します。

教員からのメッセージ

理学療法学科教員
理学療法学科 専任教員 理学療法士 修士(保健学)
介護支援専門員 3学会合同呼吸療法認定士
骨粗鬆症マネージャー サルコペニア・フレイル指導士
谷口 善昭

成長できる理学療法士を目指して

医技専では、基礎的な医学の領域から、理学療法の専門的な検査や治療を、4年間かけて深く学ぶことができます。
教員も、学ぶ学生と共にそれぞれの専門性に磨きをかけ、常に工夫を凝らした授業の実践を心がけています。
座学形式の講義や実技の授業だけでなく、対話の生まれるグループワークや研究などを通し、「自らで考え、成長できる理学療法士育成」をモットーに学生を支援しています。

活躍する卒業生

理学療法卒業生

医療法人 明昌会
フクダ医院
勤務

理学療法士 嘉納 真優
2017年 理学療法学科卒業
鹿児島実業高校出身

笑顔を引き出すリハビリ
子どもの成長がうれしい!

私が勤務している病院では、小児から高齢者まで幅広い世代の方々にリハビリテーションを行っています。特に、小児の分野では子ども自身が「できた! 楽しい!」と感じられるサポートに心がけ、その喜びを本人、家族、支援する先生方とも共有することを大切にしています。子どもを取り巻く他職種との密な連携も欠かせません。
入職する前は不安もありましたが、周りの先輩方や同僚、かわいい子どもたちから、たくさんの刺激をもらい、充実した毎日です。笑顔を引き出せた時が一番やりがいを感じます。これからも日々、知識・技術の向上に努め、子どもたちの成長をサポートし続けたいです。