高等教育の修学支援新制度

2020年4月からスタートする高等教育の修学支援制度では、「給付型奨学金」と「授業料・入学金減免」が受けられます。

支援対象・内容

支援対象 住民税非課税世帯および、それに準ずる世帯の学生(高等学校等(本科)を卒業後2年以内の人等)
支援内容
<給付型奨学金>
自宅生/約46万円
自宅外生/約91万円
<授業料等減免の上限額>
専門学生(私立) 入学金/約16万円、授業料/約59万円

  • 上記はいずれも年額で、住民税非課税世帯の場合。住民税非課税世帯に準ずる世帯の場合、2/3もしくは1/3免除。世帯年収や家族工背により異なります。
  • 本校の免除得点に該当する場合は、免除後の入学金および授業料が支援対象となります。
【認定要件】
学力基準及び家計基準(収入基準・資産基準)等
【申込時期】

  • 夏頃までは高等学校での予約可能(詳細は高等学校にお問い合わせください)
  • 高等学校での予約の時期が過ぎてしまった場合、進学後の4月と9月に本校にて申込可能

制度の詳細

制度の詳細については、以下にてご確認ください。

文部科学省ホームページ

日本学生支援機構 奨学金相談センター
Tel.0570-666-301(受付:平日9:00~20:00)

奨学金選択シミュレーション

注意事項

  1. 給付型奨学金、授業料等の減免区分は「全額免除」「2/3免除」「1/3免除」に区分されます。
  2. 毎年、夏ごろ収入基準の確認があります。(提出されたマイナンバーをもとに実施)
  3. 成績や出席状況による判定があります。2年課程/年2回、4年課程/毎年1回
  4. (2.3)の結果により、支援区分の変更や、支援廃止になる場合があります。
  5. 給付型奨学金を高等学校で予約した方は、入学金は一旦納入していただき、入学後に減免が確定した際に減免相当額を返金いたします。
  6. 給付型奨学金を高等学校で予約した方で、本校に授業料等の減免申請をされた方は、納入期限に一定の猶予を設けさせていただきます。それぞれの時期までに減免後の金額を一括で納入ください。

※2020年1月現在の情報を基に作成しています。詳細については今後変更になる可能性もあります。