看護学科 Blog

看護学科の特徴

めざす資格

看護師/国家試験

看護師 国家試験合格率

看護師の活躍の場

■ 病院
■ 訪問看護ステーション
■ 介護老人福祉施設
■ 保育園 など

求人倍率
卒業後の進路

学びのポイント

Point1. 実践的な先進教育

領域横断教育の導入

看護の専門領域(7領域)の枠にとらわれず、健康状態別に領域を横断し学習することで、看護に必要な思考力と実践力の育成を目指します。

実践的な先進教育
実践的な先進教育

Point2. しまの看護実習

しまの看護実習

離島の文化やくらしを体感
地域を守る 離島医療にふれる

1年次には、奄美市で機織りやマングローブ散策などの体験、住民との交流、2年次は、瀬戸内町で住民との触れ合いを通して、しまの健康管理体制について学びます。
3・4年次は役場・病院等で地域の人々の健康を守る仕事や社会資源への理解を深め、医療と看護の実践や地域包括ケアの構築についても学びます。

Point3. 多職種連携教育

他学科との協働学習で「チーム医療」に挑戦

患者さんのケアの質を向上させる「チーム医療」を身に付けるため、平川キャンパスとの協働学習を実施します。グループワークを通し、互いの専門性と役割を知り、連携への理解を深めます。

多職種連携教育

4年間のステップ

1年次

1年次

看護に必要な基礎的能力を身に付ける

看護を学ぶために必要とされる基礎的知識・技術・態度を身に付けます。

2年次

2年次

看護のすばらしさと奥深さを知る

看護の専門科目を通して、看護の楽しさ、喜び、やりがいを感じるとともに、看護の本質に触れていきます

3年次

3年次

臨床実践能力を身に付ける

学内演習や臨地実習を通して理論と実践を結びつけ、現場に適応できる能力を身に付けます。

4年次

4年次

自己の看護観を確立する

これまでの学習を通して看護に対する視野を広げ、専門職業人としての自覚と自己の看護観を確立します。

カリキュラム

病態生理学

【病態生理学】からだの素朴な疑問を解説!

「なぜ足がむくむの?」など体に起こる現象を、専門的知識を用いて理解します。わかる面白さを感じる授業です。

生活援助技術Ⅲ

生活援助技術Ⅲ看護ケアの技術と心を磨く

日常生活援助の演習を通して、患者さんにとって安全で心地よいケアについて考え、看護の技術や姿勢を磨きます。

ピアティーチングⅢ

教え・学び合う「ピアティーチング」を導入

先輩が後輩に技術を教え伝える教育指導法です。先輩・後輩のより良い関係を築くとともに、教え・学びあう過程を通して、確かな看護技術の習得を目指しています。

ピアティーチングⅢ

【看護技術総合評価Ⅰ・Ⅱ】現場さながらの実践試験「OSCE」にトライ

OSCE とは?(オスキー:客観的臨床能力試験)
臨床で必要な臨床判断能力をみる試験方法で、今までの知識や技術、態度を統合し模擬患者への看護を実践します。

学びの強み

リフレクションや学び直し

『リフレクション』や『学びなおし』で看護の質を高めます!

私の看護は適切だったのかな?など実習中の疑問や気付きについて振り返り、看護の質を高めます。学びを発表することでプレゼンテーション能力も身に付きます。

リフレクションや学び直し

『研究授業』で教育の質を高めます!

学生の学びの質を高めるためには、教員の授業力は必要不可欠! 新人からベテラン教員全員で毎月FD研修※や『研究授業』を行い学科全体の教育の質を高めています。

※FD(Faculty Development)研修
教育内容等に関する研修を学校全体として組織的に行うこと。

リフレクションや学び直し

『ホームカミングデイ』で看護実践能力を高めます!

卒後6カ月目に母校に集い、懐かしい仲間や教員と語り合い心身のリフレッシュを図りながら、それぞれが働いている病院の白衣を着てシミュレーション研修を行います。

※2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のためオンラインで実施

教員からのメッセージ

看護学科驚異
看護学科 実習調整者
助産師・看護師
上敷領 正子

全ての人々に寄り添い支援できる看護師教育を目指して

看護の対象は、胎児期から老年期まで全ての人々となります。病気の方だけでなく、健康な人々が地域の中で暮らせるよう看護活動を求められる時代となっています。
本校においてはシミュレーション教育や臨地実習での看護を通して実践力を磨いています。病院だけでなく地域で暮らす人々に対し、広い視野で看護を考えられるよう、人間力を高め全ての人々に寄り添える教育を4年間でしっかり学べるようにサポートしていきます。

活躍する卒業生

看護卒業生

中核医療センター・地域医療支援病院
霧島市立医師会医療センター
整形外科・小児科 勤務

看護師 平部 水季
2020年 看護学科卒業
鹿児島第一高校出身

患者さん・家族に寄り添う
エキスパートナースを目指して

私が勤務する整形外科・小児科は、年齢層が幅広くさまざまなことを学べる環境です。現在新型コロナウイルス感染症が流行し面会ができないため、患者さん・家族の精神面への配慮や、高齢患者さんの急変時の対応や家族へのケアなど模索する毎日です。
学校で学んだ、看護師に必要な知識・技術だけでなく、社会人としての立ち振る舞いなど全てが現場で活かされると感じています。また、卒業後も学生時代の仲間達と連絡を取り、お互い支え合いながら頑張っています。
私は将来、患者さん・家族に寄り添える看護師のエキスパートを目指しています。さまざまな経験を自分のスキルとし患者さん・家族により善い看護を提供できるようになりたいです。