看護学科の特徴

めざす資格

看護師/国家試験

看護師 国家試験合格率

想定される進路

  • 病院
  • クリニック・診療所
  • 健診センター
  • 訪問看護ステーション
  • 介護老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 障害者(児)施設
  • 保育園
  • 大学院進学 など
卒業後の進路
求人倍率

医技専ならではの取り組み

しまの看護実習

▶ 鹿児島の地域を体験し、地域を学ぶ

 しまの医療と看護Ⅰ(1 年次)では、奄美市をフィールドとし、機織りやマングローブの散策などの体験や住民との交流を通してしまの歴史や文化を学びます。しまの医療と看護Ⅱ(2年次)は、奄美市の瀬戸内町内を中心に住民との触れ合いのなかで、しまの健康管理体制について学びを深めます。

地域を学ぶ

▶ 離島医療にふれる

 1・2 年次の体験学習を基に、3年次から4年次にしまの医療と看護の実践を学びます。役場、病院、施設で実習をしながら、地域の人々の健康を守る人々や社会資源について理解を深め、地域包括ケアの構築についての学習も行います。実習から、帰ってきたときの学生は一回り大きくなっているような気がします。

地域を学ぶ
地域を学ぶ

実践的な先進教育

▶ 領域横断教育の導入

看護の専門領域(7 領域)の枠にとらわれず、健康状態別に領域を横断し学習することで、看護に必要な思考力と実践力の育成を目指します。

領域横断教育
領域横断教育

多職種連携教育

▶ 他職種への理解を深め、「チーム医療」を学ぶ

患者のケアの質の向上を目的に、看護学科と平川キャンパスの学生同士で事例の情報を共有し、それぞれの専門性、役割と機能を考え、ケアの方向性の決定や連携について共同学習をしています。

チーム医療

〈チーム医療論 グループワークの様子〉

チーム医療
チーム医療
チーム医療

脳梗塞を発症した患者さんのニーズに対し、各専門学科の学生が集まり、それぞれ(看護学科、言語聴覚療法学科、理学療法学科)がどのように連携し関われば良いのかを検討し合いました。

メッセージ

看護学生
濱﨑 華 Hana Hamasaki
看護学科 2年
屋久島高等学校出身
濱﨑 樹 Itsuki Hamasaki
看護学科 2年
屋久島高等学校出身

患者さんに寄り添える看護師を目標に2人で協力し合い、頑張っています

 私たちは、患者さんに寄り添え、苦痛を和らげることができる看護師になるという目標を持ち、双子で切磋琢磨し合いながら技術練習や学業に励んでいます。
 悩んだときは先生や、友人・先輩方に相談しながら一つ一つ壁を乗り越え、充実した学校生活を送ることが出来ています。親元を離れ、2人での生活は大変なことも多いですがこれからも協力し合い、頑張りたいです。

看護教員
鈴木 泉 Izumi Suzuki
看護学科 専任教員
助産師

看護実践力を身に付け、現場で活躍する看護師を育てます

 看護実践能力が求められる今、本校では看護実践能力を身に付けるため、技術練習やシミュレーション教育を積み重ねています。その集大成として看護技術総合評価Ⅰ・Ⅱで客観的臨床能力試験 (OSCE) を看護教員全員で実施しています。

活躍する卒業生

現場で働く卒業生の一日と、学校生活や現在の仕事について聞きました。

看護卒業生

社会医療法人緑泉会 米盛病院 救急科 勤務

2008年 保健看護学科卒業
米丸 沙由理 Sayuri Yonema
指宿商業高等学校出身

4年間じっくり学んだことで幅広い知識・技術と看護を学び続ける姿勢が身に付き、私の土台となっています

 私が勤務している病棟には、脳神経・呼吸器疾患患者さんが多く入院しています。私は長年、整形外科病棟に勤務していましたが、10月に現病棟へ異動となり日々勉強の毎日です。
 学生の頃に身に付けた『学び続ける姿勢』は、看護師になり10年以上経った今でも私の土台となっています。また、4年間で得た幅広い知識・技術は様々な患者さんへのケアへ活かすことができ、多職種と関わる中でも看護の専門性を発揮することが出来ています。
 これからも『基本』を大事にし、患者さんのために何ができるかを考え看護を探究し続けたいです。

看護卒業生 人工呼吸器装着中の患者さんを観察し、異常の早期発見に努めています。また、言葉で伝えることのできない患者さんの思いをキャッチしケアを行っています。
看護卒業生 後輩育成にも力を入れています。後輩の成長を実感できたときはとても嬉しく感じます。