学校法人原田学園鹿児島医療技術専門学校

資料請求



めざす資格

言語聴覚士/国家試験

心理カウンセラー/受講資格*

ケアコミュニケーション検定受講資格*

*在学中受験可能

想定される進路

■ 医療福祉分野(リハビリ) ■ 医療教育機器メーカー(補聴器・ソフト開発)
■ 児童発達支援事業所の運営 ■ 教育現場での支援・相談業務
■ 大学院進学(医学・歯学・工学・教育学・心理学) など



診療放射線技師 国家試験合格率
卒業後の進路
求人倍率

医技専ならではの取り組み

つながりの構築を図る縦割り班活動
つながりの構築を図る縦割り班活動
関連施設での学内演習
関連施設での学内演習
心理カウンセラーの資格取得をめざす
心理カウンセラーの資格取得をめざす
言語聴覚士の先駆者から学ぶ
言語聴覚士の先駆者から学ぶ

授業紹介

聴覚障害学演習Ⅰ・Ⅱ

聴覚障害学演習Ⅰ・Ⅱ

子どもたちの聴力(聴こえ)を測定するには、「遊び」を通して行う場合があります。子どもの発達に合わせ、より楽しくより正確に測定するための理論と技術を学びます。


症例演習Ⅱ(小児領域)

症例演習Ⅱ(小児領域)

学習障害やAD/HD(注意欠如・多動性障害)、自閉症などにより、生きづらさを感じている子どもたちへの専門的支援を、ことばの支援センターで学習します。


高次脳機能障害学演習

高次脳機能障害学演習

脳血管障害などの脳の損傷により生じる「失語症」や「高次脳機能障害」に対し、認知神経心理学的側面(人が物事を考えるプロセスなど)から検査を行います。


嚥下障害学演習

嚥下障害学演習

「食べる」ことに障害をもった方が口から食べる喜びを取り戻せるよう、電気刺激を用いた最先端の機器や内視鏡を用いた評価・訓練の知識・技術を学びます。


スピーチリハビリテーション演習Ⅰ・Ⅱ

スピーチリハビリテーション演習Ⅰ・Ⅱ

人の声を科学的に測定する方法を学びます。目には見えない声を機械を通して可視化し、問題が生じている原因を探ることにより、高度な治療につなげます。


卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

NIRS(近赤外線分光法)を用いて、脳内のヘモグロビン量を測定し脳の血流を確認することにより、未知な部分の多い脳機能を解明していきます。


演習体験レポート

言語聴覚障害診断学演習
言語聴覚障害診断学演習

 OSCE※で具体的な臨床現場を想定し、実践力を身に付けます

 言語聴覚障害を抱えた模擬患者の症状と教科書に載っている用語を自分なりに結びつけ、理解する事ができました。同級生に見られている中で、大変緊張しましたが、先生からのフィードバックを通して実際に評価を行う事の大変さと重要さを学べました。
※OSCE(オスキー)…客観的臨床能力試験

平田 菜々穂 Nanaho Hirata
言語聴覚療法学科 1年
錦江湾高等学校出身

メッセージ

社会人として大切な事を多く教わっています

 「学校は臨床現場のシミュレーションの場」として現場で必要となる「礼節」まで指導してもらえます。同じ目標を持つクラスメイトと支え合い切磋琢磨しながら、確実に実践力を身に付けられていると日々実感しています。

言語聴覚療法学科3年
相薗 美緒 Mio Aizono
言語聴覚療法学科 4年
NLPプラクティショナー
鹿児島純心女子高等学校出身

言語聴覚士として+αの品位を身に付ける

 礼節や品位を重んじる医療現場に出た際は、「言語聴覚士として」また「人として」信頼を得ることが必要不可欠です。本学科では責任力、規律やマナーを身に付けるためのサポートも行っており、多職種との円滑なコミュニケーションを図る力が身に付きます。

言語聴覚療法学科教員
小牧 祥太郎 Shotaro Komaki
専任教員 修士(医科学)
NLPプラクティショナー

活躍する卒業生

現場で働く卒業生の一日と、学校生活や現在の仕事について聞きました。

言語聴覚療法学科卒業生
原田学園 ことばの支援センター 勤務
2008 年卒業
小原 路乃 Michino Obara
甲南高等学校・鹿児島大学法文学部卒業

悩みを抱えた保護者、子どもたち一人ひとりに寄り添った支援を考えていきます。

「ことば」や「読み書き」する力は子育て真最中の保護者にとって大きな関心事の一つです。言語聴覚療法を実施する上で、子どもたちの伝えたい気持ち、わかってもらえた時の喜びを大切に支援するよう心がけています。発達障害に伴うことばの遅れを持つ子どもたちは年々増加していますが、支援が行き届いていないのが現状です。私たちと一緒に子どもたちの支援に取り組んでみませんか?

言語聴覚療法学科卒業生

朝礼にて、1 日の利用者のスケジュールをスタッフ皆で確認します。

言語聴覚療法学科卒業生

個室での個別訓練。前回できたことを確認してことばの定着を図ります。

言語聴覚療法学科卒業生

授業を終えた生徒の個別セッション。学校での出来事を聞くのを毎回楽しみにしています♪