言語聴覚療法学科

言語聴覚療法学科 Blog

言語聴覚療法学科の特徴

めざす資格

言語聴覚士/国家試験
心理カウンセラー(全米NLP協会〈ABNLP〉
公認NLPプラクティショナー受講資格

言語聴覚士 国家試験合格率

言語聴覚士の活躍の場

■ 保健施設
■ 介護老人保健施設
■ デイケアセンター
■ 訪問看護事業所 など

求人倍率
卒業後の進路

学びのポイント

Point1. 心理カウンセラーの資格取得

患者さんとの関係づくりに活かせる

全米NLP協会(ABNLP)公認NLPプラクティショナートレーニングコースを受講し、心理カウンセラーの資格取得を目指します。

NLPプラクティショナートレーニングとは?

1970年代半ば、優秀な複数のセラピストの治療プロセスを分析し、誰もが活用できる方法として体系化したものが始まり。NLPとは、パターン化した プログラムを書き換えることで新たな成果を求めるという考え方。NLPを学ぶ最初のステップが「NLPプラクティショナー」です。

心理カウンセラーの資格取得

Point2. 縦割り班の教育システム

教育システム画像

就職後に活きる関係づくり

在校生・卒業生・教員から成る縦のつながりを重視した班を形成します。普段の学習でも縦割り班で活動することが多く、先輩は後輩に臨床現場の厳しさ・やりがいなどを伝え、後輩は先輩のアドバイス を糧に成長します。

Point3. 言語聴覚療法の先駆者も来校

幅広い視点から学べる

鹿児島県の言語聴覚士会会長をはじめ、臨床経験が豊富で研究活動で実績のある言語聴覚士から、実践的かつ最新の知識や技術を学びます。 また、第一線で働く卒業生も講義を行っています。

言語聴覚療法の先駆者も来校

4年間のステップ

1年次

1年次

言語聴覚療法の基礎を固める

基礎医学分野から、心理、教育に関する知識の習得を行います。後期には、言語聴覚研究にて、3年次以降の 言語聴覚研究(卒業研究)の土台作りが可能です。

2年次

2年次

専門科目を学び言語聴覚療法を深める

失語症、言語発達障害、嚥下障害などに関する専門科目の講義が多くなります。専門科目の理解を深めるために学生自身が調べた内容を発表します。

3年次

3年次

段階的な実習スタイル、カウンセリングの技術を学ぶ

学内演習、関連施設での演習を経て、医療機関等での評価実習に臨みます。また、希望者は心理カウンセラー(NLPプラクティショナー)の資格を取得します。

4年次

4年次

総合臨床実習、言語聴覚研究、国家資格勉強に集中

50日間の総合臨床実習や言語聴覚研究を経験して言語聴覚療法の総まとめを行います。その後、国家試験に向け個人に応じた対策を行い 合格率100%を目指します。

カリキュラム

聴覚障害学演習Ⅰ・Ⅱ

聴覚障害学演習Ⅰ・Ⅱ

子ども~高齢者まで対象者に合わせた聴力検査を学びます。子どもの聴力を測定するときには「遊び」を通して行うこともあるので、より楽しくより正確に測定するための理論と技術を身に付けます。

スピーチリハビリテーション演習Ⅱ

スピーチリハビリテーション演習Ⅱ

人の声を科学的に測定する方法。目には見えない声を機械を通して可視化し、問題が生じている原因を探り、高度な治療につなげます。

ピアティーチングⅢ

発声発達障害額演習

人の声を科学的に測定する方法。目には見えない声を機械を通して可視化し、問題が生じている原因を探り、高度な治療につなげます。

ピアティーチングⅢ

言語聴覚演習Ⅰ・Ⅱ

未だ解明されていない脳機能や言語聴覚分野のエビデンス向上寄与のため、様々なアイディアを学科保有の機器を利用し、担当教員とともに研究を行います。

実践的な小児演習

療育の現場を体感する

本校の関連施設である「原田学園ことばの支援センター」や「幼保連携型認定こども園・しらゆきこども園」にて、言語聴覚士である本学科職員、センター所属の公認心理師、保育士指導 のもと、小児言語聴覚療法を学びます。

原田学園ことばの支援センター

ピックアップ1

言語聴覚士と子どもとの療育場面を実際に見学し、言葉や発音の検査方法や子どもたちへの支援方法を学びます。また、教材をグループで作成します。

幼保連携型認定こども園・しらゆきこども園

就学前の子どもたちを対象に学生によることばと発音のチェックを行います。演習内で、遊びを通して、子どもたちの緊張を取り除き、楽しく ことばのチェックが受けられるように取り組んでいます。

ピックアップ2

教員からのメッセージ

言語聴覚療法学科教員
言語聴覚療法学科 専任教員
言語聴覚士 博士(医学)
乙種第4類危険物取扱者 免状取得
小牧 祥太郎

高度な専門性と豊かな人間性を持ち
患者様に貢献できる医療人へ

飲み込み(嚥下)やことばや聞こえ、コミュニケーションなどに困難を抱えてる方々を支援するために、高度な専門性と豊かな人間性を育むのはもちろん、 ニューノーマルな時代に対応した最先端の技術も活用して、今後の医療人として必要な視野を備えていきます。

活躍する卒業生

言語聴覚療法学科卒業生

株式会社
L-はぴねす 勤務

言語聴覚士 西野 将太
2008年 言語聴覚療法学科卒業
鹿児島商業高校出身

子どもと家族と"ことば"の世界を繋ぐ
架け橋でありたい

私の勤める会社では訪問看護・リハビリや療育(児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援事業)を行っており、乳幼児期から訪問リハビリ や療育を通して子どもたちの発達のお手伝いをさせていただいております。
子どものコミュニケーションやことばをご家族と一緒に育みながら、日々の成長と新しい発見を共有できる喜びは何ものにも変え難い瞬間で 言語聴覚士冥利に尽きます。これからも自己研鑽に加え、家族と子どもたちに答えを教えてもらいながら、"架け橋"となれるように学び続けていきます。

在校生に聞きました

臨床現場で働く兄の影響で言語聴覚士を目指す

峰元 鈴代 言語聴覚療法学科1年 川辺高校出身

私が医技専に入学したきっかけは、言語聴覚士として臨床現 場で働く兄の影響です。兄は、医技専の言語聴覚療法学科で4 年間勉学に励み卒業しました。言葉を上手く話せない方や病 気により声を失ってしまった方に寄り添う姿を見て、私も兄の ようにプロフェッショナルとして活躍したいと強く思いました。 私は今、同じ目標を目指す仲間と充実した毎日と楽しいキャン パスライフを送っています。4年間で学んだ経験を生かし、兄 を超える言語聴覚士になりたいと考えています。