卒業アルバム撮影

先日、卒業アルバムの撮影がありました。

撮影の様子の撮影

盗撮ではありません。本人の了承を得ました。

久しぶりにマスクを外した顔を見た気がしますね。

 

分かってます?卒業写真ですよ…!?

国家試験も間近に迫って、気が張り詰めていたので

少し気分転換ができたかもしれません。

 

最後の踏ん張り時

がんばれ! 色々な受験生!

難しい?模擬試験

4年生の学生さんは診療放射線技師国家試験の受験まであと1ヵ月少しとなりました。先日、全国統一模擬試験を受験され、来月の国家試験をイメージしながら、一問一問に真剣に取り組んでいました。国家試験の合格に向けて、朝早くから夜遅くまで努力してきた学習がどうぞ、実を結びます様に。

そして、寒中の冬を乗り越えて、花咲く春が訪れます様に。

 

RT1年生 パンフレット撮影の様子

こちらは先日行われた診療放射線技術学科のパンフレット撮影の様子です。

思っていたよりノリノリで楽しそうです^^ 出来上がりに乞うご期待!

 

 

学生の中には「休日よりも学校の方が楽しいから早く月曜日になってほしい」という声もあるほどです!(゚Д゚)

本人たちにとって学校生活はとても充実しているようですね!

明日、24日からしばらくの間、冬休みに入りますが、冬休みも早く終わってほしいと思うのでしょうか???

私もその心構えを見習いたいものです!(‘◇’)ゞ 流石です!

 

学校の雰囲気、様子、職種について少しでも興味があれば、ぜひ進学相談会、オープンキャンパス

にご参加下さい。

次回の進学相談会は、2022年の1/8(土)、2022年の1/15(土)、2022年の2/26(土)、

オープンキャンパスは、2022年の2/5(土)に開催予定です。

また、オンラインによる進学相談会も実施しています。

全てWEBで簡単に申し込みができます。ご参加お待ちしております★

以下URLから申し込みが可能です。少しでも迷っている方はぜひ参加してみませんか^^

いよいよ❕ 国家試験の準備です。

あけましておめでとうございます。いよいよ、令和4年となりました。
ということは…国家試験の日時が近づいてきているこということです。
昨年末、第74回 診療放射線技師国家試験 受験写真用台紙の準備を行いました。
4年生の担任が協力して出願の準備です。本当に仲良しですね~

これから、いよいよ追い込みです。体調を崩さないように最後まで駆け抜けましょう❕

令和3年度 診療放射線技術学科 ☆卒業研究発表会☆☆

ブログをご覧になっている皆さんこんにちわ・こんばんわ

今回は、11月10日に開催されました、本学科の卒業研究発表会についてご紹介したいと思います。

昨年は、新型コロナウィルス感染症の影響で発表会の開催はありませんでしたが><、今年は無事に開催となりました^^

4年生はこの日の為に資料の準備・発表練習を行い準備万端っ!!!

 

 

 

指導教員の元、各グループが研究の集大成ともいえる様々なおもしろい発表を行ってくれました^^!!

また、会場には来年度の卒業研究を見据えて、3年生も参加して盛大なものとなりました。

 

写真は、発表会時の写真です。

 

会場は大ホール!!

聴講も100人規模

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣に自分たちの研究成果を発表しています。

緊張感が伝わってきますね”^^”

 

 

 

 

 

 

 

学生や教員、さらには座長からもたくさんの質問が飛んできます。

 

 

 

 

 

質問に答えている様子です。

自分たちで質問に対する回答もしっかり話すことが出来、練習の成果が出てました^〇^!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表の間は緊張感がつづく場面も多かったですが、終了後はみんな笑顔にあふれていました^^☆☆☆☆☆☆☆☆記念写真☆☆☆☆☆☆

この経験が、4年生をまた1段階成長させてくれました。

 

あとはこの勢いで国家試験合格に向けて一直線~^^!!

かごしまオータムナイト大花火大会❕

寒さも深まる秋の夜空に、鹿児島市内各地で花火が打ち上がりました。錦江湾が一望できる当校からは、外に飛び出したり、教室の窓から外を眺めたり、様々な思いで見つめていたはずです。打ち上げの途中には、新型コロナウイルス感染症の対策で奮闘している医療従事者へ向けて、青色の花火も打ち上げられました。
様々な行事が中止され、学生時代の思い出とはいかないかもしれないですが、花火の音が心にしみる夜でした。

さあ❕ 国家試験へ向けて更に上げていこう❕ 笑顔で卒業式を迎えるために

2022年度パンフレット

11月に入りました。
まだ2021年は終わっていませんが、診療放射線技術学科では2022年度のパンフレットに掲載する写真撮影を行いました。
来年度の診療放射線技術学科の顔はこの先生!!

右が主役の先生で、左はアシスタントです。

撮影の前に軽く準備体操\(^^)/

次は本番の撮影に向けて、予行練習。
アシスタント君!写ってるよ(╬•᷅д•᷄╬)

本番の撮影の様子です。
プロのカメラマンからの注文に対応する先生が素敵(´ε` )♥

どのようなパンフレットになったのか??
来年の4月をお楽しみに~。

日本磁気共鳴医学会大会に参加してきました


少し前のお話になりますが,9/10(金)~9/12(日)の期間で開催された,日本磁気共鳴医学会大会(日本中のMRI好きが集まる学会と思ってください)に参加してきました.参加といっても,本年度はつい先日まで日本中でコロナが蔓延しておりましたので,現地参加はせず,Webで聴講のみさせていただきました.
概念図-MRI-

概念図-X線写真撮影-

概念図ー一般的な写真ー
 先にMRIの写真の撮り方を簡単に説明します.一般的なカメラでは,写真を撮られる対象者がいて,その人に当たった光をカメラの中に収めることで写真ができあがります.一般的に「レントゲン」という言葉で表現される,X線を使った写真では,写真を撮られる対象者がいて,その人に当たったX線をカメラの中に収めることで写真ができあがります.それではMRIの写真はどうかというと,MRIでは,「ラジオ波」という,特殊な電波を写真を撮られる対象者に当てて,そのラジオ波によってその人がどのように反応したか,それを写真にしております.
私は特に「マルチパラメトリックMRI」という分野に興味を持っており,それに関連した内容を受講しました.
 今までのMRIの写真は,ある写真を撮る条件で,あるコントラスト(白黒の程度が体の部位によってどのくらい異なるかということです)を強調した写真を得る,というのが大前提でした.実際には,患者さんの病気の正体を見破るために,「あるコントラスト」を強調した写真が複数必要(例えばひとつめの写真で水を強調した写真,2つ目の写真で脂肪を強調した写真,3つ目の写真で血管を強調した写真・・・)なために,結果的に検査時間がかかっておりましたが,その欠点を補う新しいツールがマルチパラメトリックMRIです.
 マルチパラメトリックMRIでは,ひとつの写真を得る条件で,後処理により複数のコントラスト強調画像を得ることが可能で,検査時間の大幅な短縮が可能な技術です.しかも,今までのMRIでは,白い・黒いといった情報のみしか得られませんでしたが,マルチパラメトリックMRIでは「この組織は数値で表すとどのくらい」といった情報まで得られます.
今回説明した通り,MRIはとても奥深く,非常に面白い分野です.今回の記事で,少しでもMRIの面白さがわかっていただければ幸いです.

診療放射線技師の業務拡大について

今回は,皆さんに診療放射線技師の業務拡大についてお知らせします。
診療放射線技師法等が改正され,令和3年10月1日より施行されます。今までは行うことができなかった医療行為を診療放射線技師が行えるようになります。改正の内容は以下の通りです。

1.核医学検査のために静脈路に放射性医薬品を投与するための装置を接続する行為、当該放射性医薬品を投与するために当該装置を操作する行為並びに当該放射性医薬品の投与が終了した後に抜針及び止血を行う行為
2. 1.に加えて、改正省令により、診療放射線技師が実施可能な放射線の人体に対する照射又は画像診断装置を用いた検査に関連する行為として、次に掲げるものが追加されたこと。
ア 静脈路に造影剤注入装置を接続する際に静脈路を確保する行為
イ 動脈路に造影剤注入装置を接続する行為(動脈路確保のためのものを除く。)及び造影剤を投与するために当該造影剤注入装置を操作する行為
ウ 下部消化管検査のために肛門に挿入したカテーテルから注入した造影剤及び空気を吸引する行為
エ 上部消化管検査のために鼻腔に挿入されたカテーテルから造影剤を注入する行為及び当該造影剤の注入が終了した後に当該カテーテルを抜去する行為

3.医師又は歯科医師が診察した患者について、その医師又は歯科医師の指示を受け、出張して超音波診断装置その他の画像による診断を行うための装置であって厚生労働省令で定めるものを用いた検査を行うときが追加されたこと。
4.病院又は診療所以外の場所において、医師又は歯科医師の立ち会いなしにエックス線の照射を行うことができる場合として、乳がんの集団検診においてマンモグラフィー検査を行うときが追加されたこと。

最も大きな変更点は,前回の改正で,抜針(検査終了後に注射針を抜く行為)はできるようになったのですが,今回の改正では検査の為の静脈確保いわゆる穿刺(注射針を刺す行為)ができるようになるということです。今までは造影検査(造影剤を体内に投与してより詳しく見る検査)をする場合には医師・もしくは看護師が穿刺を行っていたのですが,これによって診療放射線技師だけで造影検査が可能になります。抜針と比較して穿刺はそう簡単にできるものではありません。よって,これらの行為を行うためには,厚生労働省が指定した研修を受ける必要があります。来年度の入学生からは,養成校でこれらの教育を行っていくことになりますので,それに対応するため,我々教員も現在研修を受けている最中です。

診療放射線技師の本質は診断価値の高い画像を作成し提供することです。その画像を作成するための一連の作業を診療放射線技師が行えるようになることは責任も重くなりますが,それらを工夫することによって,今まで以上に診断価値の高い画像を提供することが可能になるのではないかと期待しています。実際に注射針の太さの違いで得られる画像の質が変わるのを私も経験しています。
今後のオープンキャンパスの体験学習では,腕の模型を使用した穿刺(注射)体験等もやっていこうと考えています。一度参加したことのある方も新しい体験ができますので,再度ご参加ください。お待ちしております。

第74回診療放射線技師国家試験の日程発表

いよいよ、第74回診療放射線技師国家試験の日程が発表されました。令和4年2月17日(木)に実施されます。
本学科の4年生は一生懸命、勉強を頑張り、医療の仕事を携わるのに必要なパスポートともいえる診療放射線技師の「免許取得」に向けて、残された時間を過ごします。
昨年度の国家試験は本当に寒い中で受験された事が思い出されます。今年度の国家試験は少しでも暖かければと願います。
今、医療は様々に注目を受けています。やがて、「コロナ世代」と言われる学生さん達が医療の将来を担い、その活躍を期待し、幸多かれと祈るばかりです。