世界中で通用するネットワーク・
システムエンジニアを目指す

ITスペシャリスト科

職業実践専門課程認定
2年制 30名 男女

ITスペシャリスト科

社会基盤となる技術を持った
エンジニアが求められる時代

ネットワーク技術やセキュリティ、AI技術など、これからの社会で基盤となる技術をもったエンジニアを育成。
グループワークを通して実践的に技術を習得することでICT業界の求める人材を育てる学科です。

取得可能な資格

ベンダー資格

CCNA〈シスコ技術者認定試験〉
CompTIA認定資格※
LPIC〈Linux技術者認定試験〉

※CompTIA認定資格とは、ワールドワイドで多くのエンジニアが取得しているISO認定の信頼性の高い認定資格です。

国家資格・公的資格

応用情報技術者試験〈経済産業省〉
基本情報技術者試験〈経済産業省〉
情報セキュリティマネジメント試験〈経済産業省〉
ITパスポート試験〈経済産業省〉
情報処理技術者能力認定試験〈サーティファイ〉
C言語プログラミング能力認定試験〈サーティファイ〉
Javaプログラミング能力認定試験〈サーティファイ〉 など

こんな職種に就けます

プログラマ

プログラム言語を用いてソフトウェアやスマートフォン向けアプリケーションなどを作成。SEが作成した設計書を読み込む力や、プログラム言語を記述するコーディング力が求められます。

システムエンジニア

主にシステム設計・開発を手がけます。顧客とのヒアリングやプログラマとの連携などコミュニケーション能力が必要とされます。

ネットワークエンジニア

ネットワークシステムの設計・構築・運用まで行うネットワークに特化したスペシャリスト。
今、ICT業界で注目を集める職種です。

Webエンジニア

ブログやSNSなどインターネットを利用したサービス設計・開発・運用を行います。新しい技術をキャッチアップする姿勢が求められます。

セキュリティエンジニア

情報セキュリティに特化したエンジニアです。常にセキュリティに関する知識を収集すると同時に、責任感やモラルの高さを求められます。

ゲームクリエイター

ゲームソフトやスマートフォン向けゲームアプリなどの開発に関わる職業全般。主にゲームのシステムを構築するゲームプログラマに関する知識を学びます。

学びの流れ

1年前期

ICTの基礎を学ぶ 

ネットワークの知識・技能やプログラミングの基礎を身に付けていきます。同時にシスコネットワーキングアカデミーの授業にも取り組んでいきます。

ICT基礎

ICT基礎

プログラミング実習

プログラミング実習

時間割例

1年前期時間割

※始業8:50、終業15:00で授業は1コマ90分となります。(2020年度実績)

ネットワーク : シスコネットワーキングアカデミーが提供しているeラーニング教材を使用して授業を行います。
ICT基礎 : コンピュータ概論やアルゴリズムなど、ICT技術の基礎となる部分の座学を行います。
プログラミング実習 : ICT基礎で学んだことを活かし、実際のプログラミングを行います。 

1年後期

ゼミやPBLなどの
実践的な授業の開始

前期に学んだ基礎を活かしながら、実際にネットワークの構築やゼミ授業やPBLといった実習形式の授業を中心に行います。また、この時期から職業実践の授業も始まります。

PBL授業

PBL授業

時間割例

1年後期時間割

※始業8:50、終業15:00で授業は1コマ90分となります。(2020年度実績)

職業実践 : 企業で働くエンジニアの方に来ていただき、専門知識の学習を行います。(2020年度実績:ソーシャルゲーム開発)

2年次

分野別に学ぶ

1年次から引き続き、実習形式の授業を通して、より専門的に学んでいきます。学年末には作品発表会を行い、学習成果の発表を行います。就職活動も本格的に始まります。

Webプログラミング

Webプログラミング

職業実践

職業実践
(2020年度実績 : ソーシャルゲーム開発)

菊永ゼミ

菊永ゼミ(ラズベリーパイ)
(プログラミング教育向けの小型コンピュータ)

ゼミ風景

ゼミ風景

時間割例

2年時間割

※始業8:50、終業15:00で授業は1コマ90分となります。(2020年度実績)

Webプログラミング:PHP(ホームページを制作するためのプログラミング言語)を使用し、Webページのプログラミング技術を学びます。

より高い目標を目指し
スキルアップに励みたい方は

IT専攻科へ

(1年制/2名/男女)
ITスペシャリスト科を卒業した学生が、さらに1年間学びを深められる学科です。

POINT

01

ゼミ形式の作品制作で
トッププロのもと実践的な技術が身に付きます。
2年次の学年末には学習の成果を発表します。

業界のトッププロをゼミの講師に迎え、その指導のもと学生が自主的に制作を行います。
少人数制で制作が行えるため、実践的な技術が身に付きます。

菊永先生

菊永 太志 先生
(機械学習)

森先生

森 史憲 先生
(Web制作)

政倉先生

政倉 智 先生
(プログラミング)

遠矢専任教員

遠矢 龍平(専任教員)
(ゲーム制作)

ゼミ風景の動画

02

PBL『問題解決型授業』
従来の授業では成し得なかった高いレベルの実践力を身に付ける

PBL(Project Based Learning)「問題解決型授業」では、グループまたは個人ごとに先生から示されたテーマ
(案件)の制作を行います。実践的な技術と、仕事に必要な発想力や行動力を磨いていきます。

ゼミとPBLの違いって?

大きな違いは、勉強内容のテーマ設定を誰が行うかです。ゼミでは自分が設定したテーマに対して講師と一緒に研究を行い、卒業までに作品を作り上げます。PBLは教員が決めたテーマ(案件)に対して取り組み、テーマ毎に成果物を提出し、成果ポイントを積み上げていきます。

PBL
PBLイメージ図

PBLイメージ図

PBL授業の様子

03

就職への近道。
鹿児島のICT関連のイベント・セミナーに参加

鹿児島県内で開催される多数のICT関連イベントに参加し、最新の技術トレンドを学んだり、
各業界で活躍しているエンジニアの話を直接聴くことができます。
また本校内でも多くのイベントを開催しています。

2020 ITスカラーシップ支援授業

2020 ITスカラーシップ支援授業(オンライン参加)

Next-MIC 2019フェア

Next-MIC 2019フェア

04

企業との連携で実践的技術を身に付ける
産学連携プロジェクト

放課後、産学連携プロジェクトに参加して、様々な開発を行いスキルアップを図ります。
地元企業とインターンシップを越える連携を行うことで、県内企業への就職が有利になります。 

ラジエーションカード

ラジエーションカード
姉妹校の鹿児島医療技術専門学校
(診療放射線技術学科)とコラボした
「カードゲーム」

企業のホームページ制作

さまざまな企業のホームページ制作も
行います

ゲーム制作サークルのTwitter

Message

在校生や卒業生のインタビューやミティングの様子を見てみよう。