笑顔で“こころ”を照らす
医療事務を目指して

医療情報管理学科

職業実践専門課程認定
3年制 30名 男女

医療情報管理学科

3年間で診療情報管理士の
資格取得を目指す

鹿児島県では本校だけが指定養成校となっています。
総合病院やソフト開発系一般企業への就職も可能な学科です。
医療の現場を支える診療情報管理士になろう!

特徴と重要性

3つの特徴

01

医療コンピュータが
一人1台の環境なので
高い技術が習得できる

徹底した個人指導を受けることができるキャリデザならではの環境。医療現場と同じ最新医療システムを40台以上導入しています。

医療情報学科特徴

02

日本医療教育財団より
「教育優秀校」として
表彰されました!

メディカルクラーク検定において、全国に数ある団体受験校の中から、特に優秀な学校20校に本校が選ばれました。

医療情報学科特徴

03

学生主体で考えて
作り上げる
アクティブラーニング

学生は、グループワークでチーム力を養いながら、自らテーマを考え、調査・検討し、結論へ導く力を身に付け、何事にも通じる能力を高めています。

医療情報学科特徴

取得可能な資格など

\鹿児島県では本校だけが認定校!/

「診療情報管理士」とは

入院患者の診療記録(カルテ)に
記載される情報を扱う専門職です。

カルテの役割
病名、検査、手術、投薬、注射など、医師をはじめとする専門職員が患者の治療内容を記載します。その診療記録(情報)を集め、統計を取り、厚生労働省、医師、病院運営に還元する役割を担っています。
診療報酬制度とは
診療報酬制度(病院の収入制度:厚労省により日本全国統ーされています)では、その役割に対して入院患者1 件につき100点加算や、入院料(DPC:医療費の計算方法が異なり、管理士が居なければできない)に対し価値が生まれ、10人以上の管理士が居る病院が増えてきました。
社会の変化により、診療情報管理士の需要が年々高まっています
2009年に、医師の事務的作業を担う役割である「医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)」ができました。医師の代行役として、電子カルテ入力や、診断書作成が公的に認められ、診療報酬上の価値も付与され、管理士の資格を持つものが適役としてその業務を担っています。

\医療系だけでなく情報系の資格も目指せます!/

「診療情報技師」とは

病院内のパソコンを常に問題なく運用できるよう
メンテナンスする役割を担っています。

この役割を担う方々のお蔭で、診療行為がスムーズに行われています
病院内で扱うパソコンソフトは、電子カルテ、医事会計ソフト、オーダリングソフト、画像処理ソフトなど他の業種とかなり異なっており特殊です。また、それを扱うユーザーは、医師、看護師、検査技師、事務員などですから、情報系の知識量も様々です。大勢の医療従事者がほぼ同時にパソコンを使い、業務を行います。日々、小さなトラブルが発生しすし、各部署のパソコン操作に対する要望などもあります。
2年に1度の診療報酬改定時には、深夜にマスターメンテナンスを行う業務などもあります。よって、情報系の知識はもちろんですが、特殊なソフトに対する知識、医療現場の知識も必要になります。この役割を担う方のお蔭で、病院内での診療行為がスムーズに行われています。

取得可能な資格など

取得可能な資格

診療情報管理士/ドクターズクラーク
医療情報技師/情報活用試験(J検
診療報酬請求事務能力認定試験(医科
メディカルクラーク/医事コンピュータ技能検定

主な就職先

総合病院
病院
IT関連企業
一般企業

なるほど! 3分で納得
病院事務職って? 解説動画

学びの流れ

1年

基礎をしっかり学ぶ

臨床医学や医療事務など診療情報管理士に必要な医療の基礎知識を学びます。
またコンピュータを扱う上で必要なICTの知識も身に付けます。

IT系専門教員によるPC授業

IT系専門教員によるPC授業

2年

専門知識を学ぶ

統計学やコーディングなど診療情報管理士としての専門知識を学びます。
また医療会計システムや電子カルテによる専門的な実務を学び、実戦力を磨きます。

臨床医学

臨床医学

3年

実習などを通して、
資格取得を目指す

病院実習や課題研究を通して、診療情報管理士としての知識を学びます。
医療現場で必要とされる診療情報管理士像を明確にしながら資格取得を目指します。

アクティブラーニング

アクティブラーニング

POINT

01

全国の病院が求めている
「診療情報管理士」の資格を取得できます

「診療情報管理士」は、日本病院会、医療研修推進財団、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会の5団体により認定され、全国の病院が求めている資格です。
診療情報管理士は、医学の基礎を学ぶ必要があります。
そのため、「外科学」・「解剖学」・「内科学」・「産科学」など、鹿児島大学医学部名誉教授をはじめ専門ドクターの講義を受講して学習します。

診療情報管理士県内唯一の養成校
診療情報管理士県内唯一の養成

02

学生主体で考えて作り上げる
アクティブラーニング

医療情報管理学科の学生は、全国から現役の診療情報管理士や学生が集まる学会に当初から参加させていただき通算6回受賞しています。
学生はこの取り組みを楽しみながら、考える力、発見力、表現力、度胸、責任感、達成感など、何事にも通じる能力を高めることができます。

アクティブラーニング
アクティブラーニング
アクティブラーニング

03

郷中授業で先輩から後輩にアドバイス!

鹿児島県には「郷中教育」という薩摩藩独自の青少年教育制度があります。これに倣い、先輩が学んだことを、後輩に伝えていく「郷中授業」を取り入れています。
入学時オリエンテーション、資格試験前のアドバイス、病院実習報告会等々、後輩たちが、直接アドバイスや知恵を受けることで、理解が深まり、モチベーションを上げるきっかけになっています。
また、先輩たちは、一つでも自分の経験を伝えて、参考にしてもらいたいと親身になることで、更に自分自身の理解力が上がるようです。
先輩と後輩の絆も深まる良い機会になっています。

郷中教育

04

IT系専門教員による直接指導!
即戦力が身に付き、
電子カルテ等のソフト開発をする
IT 関連企業にも就職できます!

IT 企業でスキルを磨いた教員が高度な国家資格まで徹底指導します。
能力に応じた個人指導の充実が何よりの自慢です。
IT 関連の優良企業をはじめ、総合病院や大都市への就職など、幅広く明日への飛躍を約束できる学科です。

郷中教育

就職率・内訳

専門職の斡旋はもちろん、幅広い職種の案内ができるのも、多学科あるキャリデザの魅力。

Message

在校生や卒業生のインタビューやミティングの様子を見てみよう。